看護師の給料は頭打ち!理由と給料を上げる方法を解説!

あなた
あなた

看護師の給料って上がっていかないの?

と思ったことはありませんか?

経験年数が増えて、仕事や責任が増えて行っても、残業代が増えるだけで、基本給の上がらなさにびっくりしますよね。

この記事を読めば、看護師の給料が頭打ちの理由と、給料の上げ方・楽に仕事する方法が分かります。

それでは解説していきます。

\看護師の3人に1人が利用している無料サイト/
\転職で報酬がもらえる無料サイト!/

さんけつのプロフィール:プロフィール

Twitter:@sanketsublog

Instagram:sanketsu.hitouch

さんけつブログ
書いている人

妻・子供(男)2人の田舎Ns
看護専門学校→大学へ3年次編入→都会の大学病院(700床)→療養病棟→精神科→田舎の総合病院→現在は有料老人ホーム
大学在学中から、派遣でデイサービスや訪問入浴など、色々な経験をもとに記事を書いてます

さんけつをフォローする

看護師の給料は580万で頭打ち

看護師の給料は、約580万円で頭打ちです!

画像引用:マイナビ看護師

看護師の給料のピークは、50歳代の約580万円で頭打ちとなっています。

この表はあくまで平均年収ですが、給料がなだからにしか、上がっていかないのが分かります。

毎日病棟内を走り回っていても、あなたの給料は580万です。

看護師の給料が頭打ちの理由

看護師の給料が頭打ちの理由は、俸給表に影響を受けています。

看護師の給料が伸び悩む要因として、公的・民間問わず、多くの医療機関の給与体系が、国家公務員の看護職員の医療職俸給表(三)に大きく影響されていることが挙げられる。
医療職俸給表(三)は法律で定められた国家公務員の給与体系で、基本的になだらかにしか給料が上がらないという特徴がある。
医療職俸給表(三)は職務によって1~7級に分けられ、1級が准看護師で、看護師は2級からスタート。次の3級に上がるためには、看護師長になる必要がある。
副看護師長でも新人と同じ2級で、約8割の看護職員が2級のままである。ただし、看護師長になり、3級以上に昇格できるのは約1割強という割合だ。
上記を要約すると、法律で定められた公務員の給料体系をもとに、看護師の給料も決まっており、給料を上げるには看護師師長になる必要があるということ。
さんけつ
さんけつ

3年目も10年目も給料にたいした差はない!

キャリアアップせず、長く働いていても退職金はたくさん貰えますが、月々の給料はあまりアップしていかない!

看護師の給料は地方のほうが安い

看護師の地域別の平均給料は、以下の通りです。

北海道502万円青森県468万円岩手県479万円
宮城県525万円秋田県503万円山形県474万円
福島県511万円茨城県472万円栃木県529万円
群馬県513万円埼玉県515万円千葉県533万円
東京541万円神奈川県515万円新潟県486万円
富山県480万円石川県484万円福井県504万円
山梨県469万円長野県471万円岐阜県518万円
静岡県518万円愛知県522万円三重県493万円
滋賀県541万円京都府514万円大阪府522万円
兵庫県492万円奈良県516万円和歌山県527万円
鳥取県463万円島根県470万円岡山県474万円
広島県489万円山口県534万円徳島県435万円
香川県517万円愛媛県480万円高知県436万円
福岡県479万円佐賀県445万円長崎県445万円
熊本県459万円大分県414万円宮崎県382万円
鹿児島県423万円沖縄県441万円
データ引用:看護roo

フルタイムで、この表よりも自分の年収が低い場合は、給料が安い職場かもしれません。

自分の地域の求人が、どれくらいの給料なのか、求人数・利用者数No.1の看護のお仕事か、転職して口コミを書くと報酬がもらえる看護師転職サイト『ナースJJ』がおすすめです。 

看護師の給料は割に合わない・手取りが少ない

看護師の給料が割に合わない、手取りが少ないと思っている人は、多いのではないでしょうか。

命を預かる責任や多忙なのに、サラリーマンとあまり変わらないので、割に合わない、手取りが少ないと思ってしまいます。

看護師の給料をあげてほしい時の方法

あなたの給料に納得いかず、給料をあげてほしい時は、働いている職場によって違います。

・小さい職場→上司への直談判で上がる可能性あり
・大きい病院→人事考課で良い判定で給料UP

です。

必ず給料が上がるわけでは、ありません。

看護師の給料をすぐ確実を上げる方法

今いる職場で、「昇格」や「新たな資格の取得」を目指すと、時間がかかり絶対に給料があがるとも限りません

なので、「転職」か「副業」での給料UPをおすすめします。

転職は、転職サイトを利用して、今より給料の高い職場を探すか、求人に給料交渉をすることで、給料UPを狙えます。

看護のお仕事看護師転職サイト『ナースJJ』なら、給料交渉を無料で代行してくれるので、おすすめです。

給料交渉しても転職しなくても良いので、自分の市場価値を見てみましょう。

また、副業は転職のリスクを取ることなく、気軽に始められるので、まだ転職を考えていないけど、年収を上げたい人におすすめです。

看護師の副業について、おすすめの職場はこちら

看護師の未来に期待できない人は、楽な職場へ転職

楽にのんびり働けて、給料が高い職場は以下の通りです。

・療養病棟
・精神科
・夜勤のある有料老人ホーム
この3つは、夜勤があるものの、医療処置が少なく残業が少ないので、楽に稼げるのでおすすめです。
ゆるく楽に稼げる職場について、もっと詳しく知りたいあなたはこちら

看護師が転職するべきか迷っている時の解決法

看護師が今の職場から、転職するべきか迷っている時の解決法は、以下の通りです。

①転職サイト(看護のお仕事)を利用して、転職したらどれくらいの給料で雇われるのか(市場価値)を把握する
②アドバイザーから今の職場は妥当か、客観的に評価してもらう
③評価と市場価値・今の職場の給料面や福利厚生などを比較して、転職すべきかどうかを判断する

この3ステップで、転職後の具体的な生活がわかるので、転職しないという選択も自信を持てます。

「転職するには積極的になれないけど、今の職場でずっと働くつもりはない。」というあなたは、ぜひ上記の方法をおすすめします。

おすすめの転職サイト看護のお仕事は、求人数1位で情報収集だけの登録・利用も無料でOKなので、転職するか迷っている人は、まずは、登録して市場価値を把握しましょう。

\登録は30秒くらいで終わりました/

看護お仕事がおすすめな理由について、詳細はショート動画をチェック!

転職サイトはレバウェル看護(看護のお仕事)がおすすめ!#shorts #看護師

看護師の給料は頭打ちだから、早めの行動を!

今回の記事では、看護師の給料が頭打ちの理由、すべき行動について解説しました。

看護師の給料が頭打ちの理由は、国家公務員の給料形態を基礎に作られているためです。

それでも頑張れる人は、新しい資格を取得したり、昇格を目指しましょう!

頑張れない人は、のんびり働ける職場であまり頑張らないで、働くことをおすすめします。

自分の地域にどんな求人があるか、私が利用してもっとも使いやすかった看護のお仕事看護師転職サイト『ナースJJ』で、情報収集してみましょう!

\看護師の3人に1人が利用している無料サイト/
\転職で報酬がもらえる無料サイト!/

コメント

タイトルとURLをコピーしました
<スクリプト非同期は、データピンホバー="true"データピントール="true"データピンラウンド="true"src="//assets.pinterest.com/js/pinit.js">