看護師が異動or退職で迷ったときの解決法!優先すべきは日常生活!

あなた
あなた

部署異動か退職かど迷っている!

と思っていませんか?

今回の記事を読めば、看護師が部署移動するか、退職するか決める方法がわかります。

この方法は、私が転職・異動をする時に大切にしていて、良い選択が毎回できています。

この記事を読めば、部署異動or退職の選択を失敗することなく、今よりも充実した毎日を送ることができます。

それでは解説していきます。

\看護師の3人に1人が利用している無料サイト/
\転職で報酬がもらえる無料サイト!/
さんけつブログ
書いている人

妻・子供(男)2人の田舎Ns
看護専門学校→大学へ3年次編入→都会の大学病院(700床)→療養病棟→精神科→田舎の総合病院→現在は有料老人ホーム
大学在学中から、派遣でデイサービスや訪問入浴など、色々な経験をもとに記事を書いてます

さんけつをフォローする

看護師が異動or退職を決める方法

あなたが異動か退職かで迷っている時の解決法は以下の通りです。

・日常生活から仕事を考える
・周りの求人を調べる

詳しく解説していきます。

日常生活から仕事を考える

異動か退職かで迷っているあなたは、日常生活から仕事はどうあるべきか考えましょう。

上記のように考えることで、後悔しない選択をすることができます。

看護師は仕事を真面目にする人が多く、仕事中心の日常生活になってしまいます

仕事のために、日常生活はどうあるべきかと考えると、自分の時間が少なく、やりたいことができないので、幸福感や充実感は低いです。

逆に「幸せな日々を過ごしたい・維持したい、そうするために仕事はどうあるべきか」と考えたほうが、あなたの幸せや充実感に焦点を当てた仕事のスタイルを考えることができます。

さんけつ
さんけつ

あなたはどういう生活を送りたいか考えて、異動・退職でどうなるか考えてみましょう!いいなと思った方がすべき選択です。

周りの求人を調べる

転職を検討しているのなら、転職サイトを使って求人を調べてみましょう。

求人を調べることで、今の職場と他の職場を比較することができ、今の職場のメリット・デメリットが見えてきます。

今の職場のメリット・デメリットから、異動or退職を考えると、他覚的に判断できます。

求人を調べるなら、求人数・利用者数No.1の看護のお仕事 か、転職して口コミを書くと報酬がもらえる看護師転職サイト『ナースJJ』 がおすすめです。

看護師が異動か退職かで悩む理由

選択

あなたが部署異動か退職かで迷っている理由は、判断する基準がないからです。

判断する基準を決めず、なんとなくで病棟異動や退職すると、後悔する可能性があります。

さんけつ
さんけつ

特に転職では、給料や家族など何を大切するかが、重要です!

私の失敗例は以下の通りです。

・部署異動を勧められ異動したが、集中治療系で残業なくて給料が減って後悔した。
・結婚後なんとなく大きい病院が良いだろうと思い、転職したが残業が多くて家族との時間がとれなくて失敗した。

自分のようになんとなくで異動や転職すると失敗・後悔する可能性があるので、絶対になんとなくで部署異動・退職をしないでください!

看護師が異動するメリット

病棟異動のメリットは以下の通りです。

・基本給は変わらない
・新しく覚えることが少ない
・キャリアアップできる

詳しく解説していきます。

基本給は変わらない

部署異動をしても、基本給は変わらないです。

今の給料に満足している人で、「新たな職場にチャレンジしたい」「人間関係で悩んでいる」なら、部署異動がおすすめです。

転職で給料が下がるリスクを取りたくないあなたは、部署異動がおすすめです。

新しく覚えることが少ない

部署異動であれば、病棟ルールが変わるだけなので、新しい科の勉強に注力できます

転職だと「新しいルールを覚える+新しい科の勉強」をしなければいけないので、結構大変です。

新しい事をするというのは、結構ストレスがかかります。

さんけつ
さんけつ

私は職場・病棟が変わると熱が出ます。

また人間関係に関しても、同期・同僚がいたり、知っている先輩がいたりと、まったくのゼロスタートではないので、転職よりもストレスが少ないです。

キャリアアップできる

部署異動であれば、キャリアを継続しておくことができるため、キャリアアップする可能性があります。

グループ病院へ転職するのであれば、ラダーは引き継がれることもありますが、基本各病院で評価されるようです。

さんけつ
さんけつ

私が転職した時は、新卒と一緒にラダーのための研修を受けました。

なので、今後役職などキャリアアップを目指すなら、部署異動をおすすめします。

看護師が異動するデメリット

病棟異動のデメリットは以下の通りです。

・異動先も結局状況が同じ
・給料が減る
・また部署異動がある

一つずつ解説していきます。

異動先の部署も状況が同じの可能性

部署異動のなかでも、特に人間関係が嫌で異動をするあなたは、異動先でもお局様がいたり変な人がいて、あまり状況が変わらないという可能性があります。

さんけつ
さんけつ

看護師バイトも合わせて8つの職場を経験しましたが、どこにでも変な人やお局はいます。

お局・変人レベルは違えど、少なからず人間関係の問題はありました。

今後も部署異動を繰り返さないといけないのなら、転職をおすすめします。

給料が減る可能性

異動することで、残業が減ったり、夜勤回数が減る事で給料が減る可能性があります。

実際私は、一般病棟→集中治療室へ異動して、給料が5〜6万くらい減りました。

なので、異動先で今と同じくらいの給料が貰えるか、事前に同期や師長に聞いてみましょう。

また部署異動がある

大きな病院になればなるほど、異動は多いです。

さんけつ
さんけつ

私がいた都会の病院では、5年に1回は異動がありました。

異動した職場に不満がなくても、異動があり新たな問題に直面する可能性があります。

異動はもう嫌だ、新しい勉強はもう疲れたという方は、転職をおすすめします。

看護師の異動をおすすめする人

病棟異動のメリット・デメリットより、病棟異動が向いている人は以下の通りです。

・今の基本給に満足している人
・キャリアアップを考えている人

今の病棟に不満はあるけど基本給に満足している人は、異動しても残業・夜勤手当の変動はありますが、基本給は変わらないので部署異動をおすすめします。

またキャリアアップしたいと考えている人は、病院はまだまただ年功序列なので、部署異動をおすすめします。

看護師が退職するメリット

退職のメリットは、以下の通りです

・給料がアップする
・人間関係を一掃できる
・好きな職場に転職できる

詳しく解説していきます

給料がアップする

退職して、転職がうまく行くことで今よりも給料アップする可能性があります。

さんけつ
さんけつ

実際に私は転職して基本給25→27アップしました。

今の給料に不満があるという方は、正当に評価される病院に転職することをおすすめします。

正当に評価される病院かどうかは、内部事情を調査している看護のお仕事 で調べるのをおすすめです。

人間関係を一掃できる

退職すると、人間関係を一掃することができます。

嫌な上司、先輩、同期など病院で嫌な人との関係を断ち切ることができます。

もう一切会わなくて良くなります

すべてにおいて、「なし」にしたい!というなら、退職しましょう!

好きな職場に転職できる

退職をすれば、自分の好きな職場へ転職することができます。

さんけつ
さんけつ

看護師以外の仕事も考えられる!

私の周りには、たくさん病院を辞めて転職した人がいます。

病院を辞めてクリニックに転職した人、スタバの店員になった人、アパレル店員になった人など。

もちろん看護師として働くのも良いですが、自分のやってみたい仕事をしてみるというのも、考えてみましょう!

看護師の転職なら、給料交渉も無料で代行してくれる看護のお仕事 か、転職して口コミを書くと報酬がもらえる看護師転職サイト『ナースJJ』 がおすすめです。

看護師が退職するデメリット

退職のデメリットは以下の通りです。

・キャリアがクリアされる
・条件が下がる
・退職金が減る

詳しく解説していきます。

キャリアがクリアされる

転職するとキャリアがクリアされてしまいます。

ラダーは病院単位であり、自分が転職したときは、新卒と一緒にラダーを受けました。

今後キャリアアップしていきたいけど退職したい!という方は、認定看護師や専門看護師など+αの資格を取得することをおすすめします。

条件が下がる

転職すると給料の条件や福利厚生などの条件が下がる可能性があります。

大きい病院からクリニックや施設に転職すると、福利厚生や昇給額にだいぶ差があります。

なので、転職する前にしっかり情報収集しましょう。

情報収集するなら他の転職サイトより、求人票に詳細がたくさん書いてる看護のお仕事 か、転職して口コミを書くと報酬がもらえる看護師転職サイト『ナースJJ』がおすすめです。

退職金が減る

転職すると、退職金が減ります。

退職金はながーく働いていると退職の時にたくさんお金がもらえるシステムなので、勤続年数に応じてもらえる額が違います。

今苦労してもいいから、老後は楽をしたい!という方は長く働くことをおすすめします。

さんけつ
さんけつ

私は未来のことなんてわかんないし、ストレスで早死にしたら意味ないので、退職金よりもストレスを減らす方を選びました

看護師が転職するべきか迷っている時の解決法

看護師が今の職場から、転職するべきか迷っている時の解決法は、以下の通りです。

①転職サイト(看護のお仕事)を利用して、転職したらどれくらいの給料で雇われるのか(市場価値)を把握する
②アドバイザーから今の職場は妥当か、客観的に評価してもらう
③評価と市場価値・今の職場の給料面や福利厚生などを比較して、転職すべきかどうかを判断する

この3ステップで、転職後の具体的な生活がわかるので、転職しないという選択も自信を持てます。

「転職するには積極的になれないけど、今の職場でずっと働くつもりはない。」というあなたは、ぜひ上記の方法をおすすめします。

おすすめの転職サイト看護のお仕事は、求人数1位で情報収集だけの登録・利用も無料でOKなので、転職するか迷っている人は、まずは、登録して市場価値を把握しましょう。

\登録は30秒くらいで終わりました/

看護お仕事がおすすめな理由について、詳細はショート動画をチェック!

転職サイトはレバウェル看護(看護のお仕事)がおすすめ!#shorts #看護師

看護師の部署異動と退職は、人生変えるチャンス!

この記事では、部署異動or退職の決め方と、それぞれのメリットデメリットについて解説してきました。

迷ったときは、自分の実現したい日常生活から、仕事がどうあるべきか考えると、失敗しない選択ができます。

また、自分の地域の求人について、情報収集して今の職場が良いか・悪いか考えてみるのもおすすめです。

今の職場のメリット・デメリットが分かれば、異動or退職が決めやすくなります。

情報収集をするときは、看護のお仕事を利用することをおすすめします。

看護のお仕事は、求人数・利用者数No.1で、内部事情を調査しており、転職後のサポートまで、無料で利用できるので、損はないです。

\看護師の3人に1人が利用している無料サイト/
\転職で報酬がもらえる無料サイト!/

コメント

タイトルとURLをコピーしました
<スクリプト非同期は、データピンホバー="true"データピントール="true"データピンラウンド="true"src="//assets.pinterest.com/js/pinit.js">